人気ブログランキング |

2006年 07月 08日 ( 1 )   

2006/07/08(土)   

久しぶりのコンビニ話である(笑)
昨日の夜、1号店で夕勤をしている高校生から、「金髪の30台の女性が偽5000円札を使った!」との電話が入った。500ウォンの偽500円玉はタバコの自販機で使われて被害を被ったことがあるが、偽札は初めてである。高校生の男の子二人のシフト時間だったので、玩具みたいな偽5000円札を想像していたら、ぱっと見は見分けがつかないような精巧なものだったのでビックリした。刑事も、「よく気が付いた。エライ!」とその高校生を褒めていた。

ビデオで確認したところ、偽札を使った女性は金髪ではなく、けっこう普通に美人のOLっぽい女性だった。店内で普通にいろいろ見て回った挙句、「ALWAYS三丁目の夕日」のDVDを偽札で買って帰って行った。偽札を使う場合、お釣りを多くもらって現金化したいはずなのに変である。その上、店内に長時間滞在しているので、姿かたちがビデオに写りまくっている。どうもこの女性は犯人の一味ではなく、偽札と気が付かないで使用している善意の第三者らしい。

新しい5000円札はコピーすると真っ黒になるが、旧5000円札はコピーできるのを利用した犯罪だ。偽5000円札は警察に証拠として没収されてしまうし、どこで損をするかわからないなぁと思った。偽札を闇のオークションにでも出展すればプレミヤが付いて儲かったのではないかとちょっと後悔している(苦笑)

by mp33usa | 2006-07-08 13:07 | コンビニ