何冊あるでしょうか?   

c0001339_1540478.jpg


ダウは0.9%、ナスダックは1.21%も上げたのに、CME日経225の精算値は、16,585円で15円も下がりやがりました。
アメリカが暴落するとそれ以上の大暴落するくせに、アメリカ上げても全然上がらない、って言うか、かえって下げるっちゅうのはどういう了見なんでしょうか!?!
理解に苦しみます。
でも理解できるようだったら、ワシ、とっくに大富豪になっているからしょうがないか・・・(苦笑)

今日は注文した本が入荷したと有隣堂さんからメールが来たので行ってきました。
お会計、14,301円!!! 相場関連の本、6冊です。
日経225先物で、1ティックやられても1万円だからという感覚なので、あまり高いという気がしません。ちょっと高いかな~という程度です。
コンビニは缶コーヒー1本売って20円の利益なのでコンビニオーナーとしては缶コーヒー何本売ったら買えるのよ~という感じで高いです。
でも、買っても読まないで積んで置くほうが余程もったいないですね。
まだ読んでいない本を読んだら新しく買っても良いというルールを作らないとなりませんね。
感覚としては50冊くらいと思いますが、数えたことないので不明です。
こんど暇ができたら数えてみたいと思います(数える暇があったら読めよw)
100冊は無いと思いますよ・・・(汗
[PR]

by mp33usa | 2007-09-01 15:41 | 書評

<< ヘタですね 飛び越し禁止! >>