じゃんけん必勝法(^^;   

c0001339_1817942.jpg

ひまわり証券のミスターデリバティブこと堀川氏のブログに、システムトレードとはなにかということについて、大変参考になる話が載っていたので引用させていただこうと思います。
誰でも平等に勝つチャンスがあると思っていたじゃんけんが実はそうではなかったなんて驚きました。
賭けじゃんけん、じゃんけん賭博(^^;があったら、このシステム、高く売れますね(笑)

(引用開始)
博多の中洲にリンドバーグというスナックが有ります。
そこのママの藤堂和子さんはジャンケンがやたら強いと言う
事で有名です。博多のジャンケンは一寸変わっていて、一回
こっきりではなく、5回勝ち越せば勝ちとなるルールです。
そこに来る客は皆マッチ棒を5本並べてママに挑戦するので
すが誰一人として勝ち越すことは出来ません。
まあ、殆ど酔っ払いなので普通にやっても弱いのでしょうが。

その、藤堂和子さんが血迷った事にTVに出演し100人と
連続ジャンケンをする事になりました。私もそのオンエアー
を何気なく見ていた記憶が有ります。ただ、そのころはシス
テムトレードどころか株さえやっておらず、なぜ勝てるのか
と言う事も深く考えませんでした。

時は経ち、システムトレードに目覚めたころ、ふと、この番
組の事を思い出しました。早速テレビ局に問い合わせました
が過去の放送はテープで渡す事は出来ない規定だそうで、有
料でもだめ、との事でした。そこでネットで詳しく調べてみ
ると、ある心理学者が共演しており、その人の名前からHP
を探し当て連絡をとってみました。事情を説明し出演時の
ビデオテープを送っていただいた訳です。その方もジャンケ
ンの研究を心理学的に研究されていました。ビデオテープに
映っているパターンを全て書き出し検証してみますと以下の
ことが解ったのです。

1 勝っても、負けても、相子でも次は必ず今相手が今出し
  ていた手を出す。
2 グーを出す前はパーを、チョキを出す前はグーを、パー
  を出す前はチョキを一瞬だけ相手にチラット見せる。
3 リズミカルにテンポよくジャンケンを繰り返す。(連続
  ジャンケンの場合)

この方法で100人中98人に勝ってしまいました。藤堂さ
んに勝った二人は藤堂さんの手を見ずに戦いました。

この1、2、3がなぜ有効か説明します。

1 人間はその身体的特徴によりグーの次はチョキ、チョキ
  の次はパー、パーの次はグーが出しやすいようになって
  います。ですので必然的に今の相手の手を次に出すと勝
  つ確率が飛躍的に高まります。試しにパー、チョキ、グ
  ーを連続で出してみてください。グー、チョキ、パーよ
  り難しい事が判るはずです。

2 これは俗に言うサブリミナル効果を利用するものです。
  手を出す直前にパーを見せられるとそれに負けるグーは
  中々出せないものです。試しに、相手に負ける手を後出
  しでも良いから出してみてください。中々難しい事が判
  るはずです。

3 これは大脳生理学のプライミング効果を利用したもので
  す。人間の脳はリズミカルな行動をすると、同じパター
  ンを繰り返すように指示を出す習性が有るのだそうです。
  その為、一番出しやすいグー、チョキ、パーの順番が出
  やすくなります。

以上がルールですが藤堂さんの領域に達するにはかなりの修
練が必要です。頭で解っていても中々出来るものでは有りま
せん。そこで簡単に応用するには、「最初はグー」で始める
ジャンケンで、さりげなくパーを見せた後必ずグーを出す事
にしましょう。統計では65%の勝率です。
又、連続でやる場合は必ず相手の出した手と同じ手を次に出
す様にしましょう。これも70%以上の勝率です。

長々と読んでいただきまして有難うございました。
大事な事は今まで皆に平等に勝つチャンスが有ると思ってい
たジャンケンが実はそうではない、と言う事に気付いて頂く
事です。まさしくこれはシステムトレードだと思うのです。
(引用終了)
[PR]

by mp33usa | 2007-03-18 18:27 | 富豪計画

<< ビビリました・・・ 週末に勝つとほのぼのしますね~ >>