トレード手法、検証作業について   

前回のブログで書いたことの補足です。


《複雑に考えすぎない!》

最近買った商材で、ルールが複雑で厳密(厳密って言うのは良いことなんですが)という手法がありました。
難しいので、読んだ人によって、間違えてエントリーしてしまいがち、、、。
エントリー早見表でも作らないとエントリー出来ないような手法でした。
理解力のある頭の良い人なら理解できるんでしょうが、ワシには無理でした^_^;
指導者にはこのようなロジックを作った背景があり、実際これで勝てているのは分かるんですが、取り組む気になれないんですよ(笑)

もう1つ買った手法は、ともかく理屈っぽい^_^;
ローソク足一本一本に対して理屈を付けて、受講者に理由を考えさせて添削するような動画をたくさん見ました。
これで勝てているんだから指導者にとっては正しいことだと思うんですが、ワシが真似してやる気になれるかどうかの問題です^_^;
もちろん無理(笑)

両者に共通するのは、ロジックが複雑で、すぐに指導者と同じようにエントリー決済ができない点です^_^;

裁量色が強く裁量の習得に時間がかかるのとは違うんですね。
ロジック自体が難しい訳です。
まぁ、簡単に勝てるロジックなんて無いのかもしれないけど、難しければ勝てるのか・・・と言うとそうでも無い気がするわけです。
たぶん、裁量を排除し裁量部分をロジックにしようとしているから難しくなるんでしょうね、きっと^_^;


《腹を決める!》

ワシが一番最初に取り組んだ手法に、パリス昼豚さんの「5万円FX」という名作があります。
移動平均線とチャートパターンを使った、バリバリの裁量手法なんですが、いまこれを読み返しています。
昼豚さんも言われていますが、まず腹を決めて自分の手法を検証するしかない!という結論に達しました。
いま、仕事が終わった後に、FT2を回して検証作業に明け暮れています^_^;
この試行錯誤のなかから見えてくるものがあるのでは?と期待しています。

先日は、一目均衡表と高値安値を使った手法を15分足で1年分検証してみたんですが、最初の数ヶ月凄い勢いで資金が増えて行ったんですよ^_^;
これは聖杯を見つけちゃったかも!と喜んでいたら、結果は勝率39%収益は微損でした^_^;
この一つ一つのトレードを見直し、勝てた要因と負けた要因を深く検証してみるっていうのが大事なんだろうと思います。


《自分自身の手法を完成させる!》

そして現在は、移動平均線を使ったシンプルな手法の検証をスタートしました。
3月末で検証は一度終了し、デモトレードに入ってみたいと思っています^_^;
実弾トレードはデモで自信がついたら・・・の予定です。
[PR]

by mp33usa | 2015-03-27 11:12 | トレード手法

<< トレード手法の再構築 3/11トレード記録 >>