<   2005年 03月 ( 24 )   > この月の画像一覧   

2005年3月29日(火) 18時48分   

コンビニのお客さまの中に、チャレンジャーと呼ばれるお客さまがいる。新しい商品が入荷すると、目ざとく見つけて必ず買ってみるという、発注担当にはありがたいお客さまだ。おもしろ画像掲示板の方で、さいたまさんやぶぶさんがたまに怪しげなドリンクを紹介してくれるが、あの手のドリンクもチャレンジャーは即、飲んでみる。そこには、マズかったらどうしようとか、もったいないとか、我々凡人が普通感じるような不安な雰囲気はない。その、いさぎよい態度が気持ちいい。
先週の火曜日、ウチのチェーンでもかなり気持ち悪そうなドリンクが新発売された。その名も「乳酸飲料 無炭酸 コーラ」105円である。無炭酸ということは、あの気が抜けたコーラと同じ味ということである。その上乳酸飲料である。1週間の販売実績はかなり好調でABC分析のAランクを維持している。チャレンジャー恐るべし。ワシはどうもチャレンジャーにはなれそうもない・・・。
c0001339_18495198.jpg

[PR]

by mp33usa | 2005-03-29 18:49

2005年3月28日(月) 23時39分   

はぁ。。今やっと仕事終了。
夕勤の女の子にインフルエンザで休まれて、朝、7時から23時30分まで真面目に働くことに。こういう状況をワシは忙しいと表現するのだが、世間では決まって、忙しくて結構ですね~、という反応になる。そうぢゃないんだってば~。スタッフ不足だから朝から晩まで働いているだけであって、お客さまがわんさか来てくれて、てんてこ舞いで忙しいわけじゃないんだなぁ、これが。
今日も一日、ほんとうによく働いた。これから電車に乗り、セブンイレブンでおでんを買って、家に帰ってビールをグビっと飲む。
“グビっ”には小さいけど確かな幸せがある。
[PR]

by mp33usa | 2005-03-28 23:43 | コンビニ

2005年3月27日(日) 18時35分   

激しい睡眠不足がたたり、サウナで目が覚めたら0時すぎで、昨日の更新ができなかった。なんといってもいいかげんなB型なので許されたし(笑)

さてさて、感動の「とらふぐ亭」話である。
実は、1ヶ月前に食べに行っておいしくなかったときに、あまりにがっかりしたので、店にクレームのメールを入れたのであった(ヒマなのがバレバレじゃ(苦笑))
残念ながらこの1ヶ月間、返事がなかったので、無視かよ!と思いながらも、最後にもう一度だけと足を運んだのだった。
当日予約の電話を入れ、8時に店に入った。前回と同じ「泳ぎとらふぐコース」4980円を注文した。てっさを食べた瞬間に前回とはまったく味が違うのが分かった。ちゃんと旨いじゃないか!
てっちり、唐揚げ、ふぐの皮刺し、全部ちゃんと味がするよ。

一通り食べ終わったころ、「失礼します」という声とともに、すっと障子が開いて、「お味のほうは如何だったでしょうか?」と店長が挨拶に来た。あれ~前回までは挨拶なんか来なかったよなぁと思ったが、この後その理由が判明する。
「うん。すっごくおいしかったですよ」と言うと、店長が
「お客さまは前回メールでご意見をいただいたお客様ですね?」
ワシ「ドキッ。なんで分かっんたんじゃろ(汗)・・・」
店長「クレームをいただいた日のお客さまを覚えていまして、きっとお客さまに違いないと・・・」
ワシ「はぁ・・・」
店長「そして、今日予約をいただいたのが分かったので、今日はどうだったか意見を伺いたくてお邪魔しました。メールをいただいた後、調理場のスタッフとのミーティングを行いまして、いろいろと改善をさせていただきました。ご意見をいただき、そしてまたお越しいただいて感謝しております」

正直、参った。

低料金でとらふぐ料理を出しているのだから、予約をうけるスタッフもアルバイトである。よね小(仮名)っていうお客さんから予約が入ったら必ず連絡するようにと言っておいたのだろう。で、私が行ったのが1ヶ月後である。1ヶ月も良く忘れないでチェックしていたものである。
我々は良い接客を受けるためにレストランに足を運ぶのではない。おいしいものを食べたいからレストランに行くのである。そりゃ、接客が良いほうがいいに決まっているけど、レストランはまず味である。味の改善に取り組んだ上で、さりげなくこういうことをされると、ファンになっちゃいますよね。
皆さん、「とらふぐ亭」はなかなかですぞ!
皆さまもぜひ 「とらふぐ亭」 をごひいきに。
[PR]

by mp33usa | 2005-03-27 18:40 | グルメ

取り急ぎ、携帯からお送りします   

明日ゆっくり書くけど、さっき1ヶ月ぶりに「とらふぐ亭」に行ってきた。そして感動した。感動するというのはこういうことだと感じさせられた。詳しくは明日また。
[PR]

by mp33usa | 2005-03-25 23:45 | 雑談

2005年3月24日(木) 9時59分   

昨日の日記で、初めての写真掲載が“トロあじの一夜干し”とは意表を突いたでしょう?(笑)これからも、たまには写真入りでお送りします。

昨日、23日ぶりに自宅のADSLが開通した。今まで8Mだった実速も12Mまで上がっていたが、同じ50Mの契約で同じPCで何故速度が違うんだろう?それに50Mの契約だが、実速で50Mが出ている人にぜひ手をあげてみてもらいたい。理論と実際とは違うと言うけれど、1万人の内1人だけしか50Mが出ないのに(1人すら怪しいと思うけど)、50Mと商品名を付けることは、これを誇大広告と言わずに何を誇大と言うのだろう。ハッタリが過ぎるよね。公正取引委員会よ!こんなんで、いいんかい?
[PR]

by mp33usa | 2005-03-24 10:07 | PC関係

2005年3月23日(水) 10時36分   

昨夜は仕事中だという掟を破り、近所の「ごはん処 大戸屋」に夕飯を食べに行ってしまった。日記を書いていたらヨダレが止まらなくなったのだ。この大戸屋は一人の客も多いらしく、15人くらい座れる大きい楕円形のテーブルがあって気分良く食事ができる。BGMはジャズである。
ワシはたいがい「生ビール」と「じゃこおろし」と「焼魚一夜干しトロあじの開き定食」を注文する。まわりを見渡してみると、20名くらいのお客さんが入っている。一人客は半分の10人くらいである。1人で来ている女性も3人いる。カップルも2組いた。良く見たらビールを注文しているのはワシともう一人だけだった。この二人だけ年齢が高く、他はみんな20代に見える。街の定食屋として絶対に必要とされるコンセプトの店である。安っぽくなくセルフでもないのが嬉しい。
c0001339_1041579.jpg

若い頃は魚が嫌いだったが、いつからだろう、魚が大好きになってしまったのは。小さい頃は婆やが骨を全部取ってくれて、若いお手伝いさんが「あ~ん」と食べさせてくれたので((笑)当然ウソである)、ワシは魚の食べ方がヘタである。魚好きな人が食べると、食べ終わった皿の上に、キレイに洗ったような魚の骨が標本のように化石のように横たわっている。魚も肉もそうだが骨に付いている肉が一番旨いわけだから最後は当然そうなるのだ。
ワシは魚がキレイに食べられる人を尊敬してしまう。ワシもいつかは魚が美しく食べられる人間になりたいと心から願っている。
[PR]

by mp33usa | 2005-03-23 10:41 | グルメ

2005年3月22日(火) 19時58分   

朝、6時に起きる。そして7時には店に着く。発注をしながら朝ごはんは店の豚まんとお茶で済ます。お昼は2時ごろお店で廃棄になったお弁当とカップワンタンスープを食べる。夕飯は20時ごろやはり廃棄になったお弁当とカップラーメンだ。そして、23時30分に仕事が終わる。家に帰る前になにか夜食というか酒を飲みながらツマミが食べたくなるが、もうラーメン屋くらいしかやっている店はない。で、どうするかというと毎晩コンビニでおでんを買って帰る。ダイコンとツミレは外せない。おでんを食いながら缶ビールを3~4本飲んで2時過ぎに寝る。毎日この繰り返しである。
こうやってあらためて書いてみると、貧しい生活を送っていることが実感されて涙が出てくる。ワシのささやかな希望は、「ごはん処 大戸屋」さんが深夜の3時まで営業してくれることだ。23時閉店はいかにも早すぎる。我々恵まれないコンビニオーナーのためにも、ぜひ検討してもらいたいと願う。

しかし、今でさえこんな生活をしているのに、4月からはもう1店の店長もしなくてはならないと思うと、かなり気が重くなってくる。時給3000円で超美人バイトを募集してハーレム状態で仕事をしたら楽しいだろうけどなぁ。。。時給3000円ではすぐ倒産しちゃうので、時給850円で、年の頃なら30歳前後、上品でありながらも色気のある美人女性が応募してくることを期待して、明日からまた頑張ろう!エイエイオーっ!
[PR]

by mp33usa | 2005-03-22 20:00 | コンビニ

2005年3月21日(月) 23時0分   

新人のスタッフに、今度退職する2号店の店長の血液型を聞かれた。実は、ウチには全店で60名ほどのスタッフがいるが、1人も血液型を知らないのである。何故知らないのか?聞かないからである。何故聞かないのか?聞いてしまうと先入観を持ってしまうからである。
ワシはB型なのだが、会社に勤めていた頃、A型の社長からB型ってのは羨ましいと嫌味っぽく言われたり、飲み屋の綺麗なお姉さんに血液型を聞かれてB型と答えると、笑いながら「やっぱりね!」とか言われかなりムカついた経験がある。んっ?どう、やっぱりなんだ?と問い詰めたいが、大人気ないので笑って我慢する。若い頃付き合っていた彼女にも、「やっぱりね!B型の男ってそうなのよっ!」と批難されたこともあった。理不尽である。B型だというだけでなにかとんでもない人間のように言われてしまうなんて・・・。
そういう先入観を持つのも持たれるのも嫌なので、血液型は聞かないようにしているのだ。

そういえば子供の頃、オヤジの血液型がA型、オフクロがO型と聞きびっくりしたことがある。今は知らないが、当時はAとOからはB型は生まれないということになっていた。妹はO型なので問題ない。ワシはB型である。多感な中学生時代だったと思うが、そんなこともあるのかなぁ、でもなんでだろう・・・と思っていた。
ワシが20歳をすぎたころ、オヤジが言った。「病院で血液検査したらB型と言われた。オレずっとA型だとばかり思っていたよ」
どうも、きちんと血液検査をした訳ではなく、父親がAだから自分もAに違いないと思っていたというだけだったらしい。
B型っていうのは本当にいい加減なヤツが多い。
[PR]

by mp33usa | 2005-03-21 23:01 | 雑談

2005年3月20日(日) 17時36分   

牛画(笑)の親会社であるレインズのセミナーのDVDを見て思ったのだが、宗教団体の集会となんら変わらない内容だった。本部が選んだ優秀店のアルバイトさんたちが、ステージに上がって感動的な体験談を発表する。アルバイトさんが競って、元気良く大きい声で接客して、お客さまと友達のように接するのは素晴らしいと思うが、そうさせるための仕組みがわざとらしく胡散臭い。アルバイトさんたちも夢を見ているように乗せられている。FC店の経営者は恥ずかし気もなく、売上げUPのために、なにも知らない顔で感動したフリをしているように感じる。
そもそも、彼らが感動創造というのは、彼ら自身が感動したいということであって、お客さまはその道具というふうに見えてしまう。やはりレインズは自己満足の演技派センズリ野郎集団だったのだ(オホホ!お下品で御免なさいざます(笑))
バイトの女の子からぜひ食べに来てくださいとメールをもらったから店に来るのではなく、美味しいから来るというのが飲食店の基本なのではないのか。キャバクラじゃないんだから、女の子のアルバイトにそこまでやらしていいんだろうかと疑問に思う。
これはあくまでも、仕組んでる立場のヤツに対する非難であって、純粋な気持ちでアルバイトをしているパートナーさんに対するものではないことを言い添えておく。
明日、ウチのチェーンでも同様のセミナーが行われる。具合が悪くなっちゃいそうなので行かないが、ヤツらは我々を何処に連れていこうとしているのだろうか・・・。
[PR]

by mp33usa | 2005-03-20 17:43 | コンビニ

2005年3月19日(土) 21時42分   

ワシはなんて柔軟な人間なのだろう。
みなさま、3日前の日記は忘れてください。

さっきレジに来た女性は目がキレイな美人だった。
目がキレイな美人は、カラス天狗なマスク
すっご~く似合うということを発見した。
カラス天狗マスク・・・カワイイじゃないか!
[PR]

by mp33usa | 2005-03-19 21:44 | 雑談