よね小の開眼物語   

富士カントリー市原倶楽部に行ってきた。フラットで距離が十分あり、戦略性にも富み、その上美しく品があるコース。2回目だがすっかり好きにになってしまったコースである。

出だしでショットがすべて右にすっぽ抜け、ダブルパーの8を叩いた。ドライバーとアイアンで球を捕まえに行き過ぎて低いフック球になる欠点を治すため、右手をかなりウィークに握ってみたせいかもしれない。その後、グリップにも慣れて高いフェード球が出るようになった。スコアはなんとか49でこらえ昼ごはん。午後は大叩きもなく45で終了。スコアは並みだが内容は濃いぞ(笑)

アイアンの打ち方がいつの間にかスイングの最下点で球を捕らえるイメージになっていた。アプローチもバンカーも同様のイメージで打っていたため、球をすくって打とうとしていた。打った後に最下点を迎えるというイメージを持っただけで、フルショットでちゃんと球をとらえられ、バンカーではキレイに球が上がり、アプローチでもザックリやトップが出なかった。なんか久しぶりにゴルフが楽しかった。
[PR]

by mp33usa | 2005-07-20 04:34 | ゴルフ

<< 放置が過ぎると先輩に叱られまし... 2時間寝て、仕事してからゴルフです >>