レジ袋有料化   

2007年よりレジ袋を有料(5円~10円)にすべく検討に入っているらしい。現在コンビニには、容器包装リサイクル法という法律が施行されていて、ビニール袋等の年間使用実績に基づいて税金的リサイクル料を払わせられている。それまでは、ドリンク1個のみお買い上げのお客さまに、「袋にお入れしますか?」と聞いていたのだが、施行後は、「このままでよろしいですか?」と聞くようにした。
ウチの店に毎日来るアホ男(30歳位)は、10円のうまい棒を1個買い「袋に入れてくれ」と言う。イヤだとは言えないから入れてやると、店の外ですぐうまい棒を食い、ビニール袋もすぐ棄てるのだ。
「このままでよろしいですか?」
「いや、袋に入れてください」
「はい。袋代が10円!合計20円でございます!(ニヤリ)」
「ありがとうございましたっ!またお越しくださいませ~っ!」
ワシは今からこの瞬間を楽しみにしているのだ(笑)
でも有料になった途端、「袋なんて必要ないに決まってます!」と恥も外聞もなく手のひらを返すタイプかも。

我々コンビニオーナーがいくらセコイといっても、普通に買い物をしていただいて普通に袋に入れるのをイヤだと言っているのではない。147円のドリンクを1つ買って、ちゃんと大きめのカバンを持っているのに袋に入れる必要があるのか?ということなのだ。

昔、加賀まりこさんが出演するTVコマーシャルで、カバンを持っているのに袋に入れてくれというお客さまを一喝するCMが放送された途端、「袋はいりません!」というお客さまが増えたという経緯がある。
経済産業省も、今なら柴田理恵さんか和田アキ子さんに、「袋に入れてんじゃないわよっ!」とか「自分のカバンに入れろよ!」と一喝させるTVCMを流してほしいと、ワシらコンビニオーナーは切に願っている。
[PR]

by mp33usa | 2005-07-10 16:21 | コンビニ

<< 2時間寝て、仕事してからゴルフです マリ○ンモンロー似 >>